水ダイエット

痩せたいなら水が必要不可欠

ときどき、「水を飲んだだけで太る」という人を見かけますがそれは本当でしょうか?
もちろんこれは間違いです。飲んだ分、一時的には体重は増えますが、太るということはありません。むしろ飲んだ水を体内で温めるのにカロリーを消費していることがわかっています。ダイエットをするためには水が必要不可欠で、「痩せるために水を飲む」が正解なのです。
水は生命の源であり、私たちの身体を構成する最大の成分です。一般に、成人は体重の60パーセントが水分で占められていますあ。たとえば体重が60キロの人なら、水分量は36キロとうことになります。そこからわずか3パーセントでも減ると、身体は脱水症状を起こし、危険な状態に陥ってしまうのです。
私たちは、水分を出しいれすることで生命と健康を維持しています。水分補給を十分に行うと、血液はさらさらになり、決行が促進され、腸がきれいになり、排泄によって老廃物のデトックスも行われます。身体が正常に機能し、私たちが元気でいられるのは、朝から晩まで、水が活動してくれているおかげといっても過言ではありません。
積極的かつ、適度に水を飲む習慣がつくと、こうした身体のなかの働きが盛んになって、ますます身体の調子が整います。すると、代謝があがって、体脂肪が燃焼しやすくなります。余分なカロリーの吸収を制御し、カロリーも消費されて、次第に「痩せ体質」に近づいていくのです。
またダイエットは夜に力を発揮するといわれますが、これは本当です。水は24時間いつでも飲んでもかまいませんが夜にとる食事は気をつかいましょう。
夜ダイエット

1日3リットルの水が痩せ体質をつくる

ダイエットのためには水を飲みなさいといっても、どのくらい飲めばいいのでしょうか。
さっそく説明していきましょう。私は毎日3リットルの水を飲むことをすすめています。
生命を維持するために必要とされている水分量は一日あたり二リットル程度。これは排尿や発汗あどによって身体から失われる水分量とほぼ同じです。
それなら一日2リットル飲めばいいのでは?と思われがちですが、代謝を促進し、体内のエネルギーを効率的に消費させて「痩せ体質」をつくるには、より多くの水分が必要です。そこで私はさらに1リットルを加えた合計3リットル(一日)をおすすめしているのです。
「そんなに飲むとトイレにいく回数が増えてわずらわしい」という人もいるかもしれませんが、そのたびに老廃物などの余分なものが排出されるのですから、歓迎すべきことだと前向きに捕らえるのがダイエットを成功に導く秘訣です。
万歩計をつけておけば、トイレに行くたびに歩数も消費カロリーも増えるのでだんだん楽しくなってきますし「1日3リットル」生活が定着するころには、身体の変化を確実にじっかんできるはずです。

水といえばコラーゲン

コラーゲンは水含むという性質がありますので、焼いたときにしっとりとした食感をだすために、ドーナツやパンケーキなどの
粉に混ぜるという利用もされています。
しかし、それは水を含む性質を利用し、食感をだすという性質を利用したもので、コラーゲンを食べたからといって肌がきれいになったりは
しません。そうコラーゲンは食品からは摂取できないのです。
ちなみに、食べ物以外では、近年登場してきたのがコラーゲン入り繊維。これはコラーゲンを繊維素材に吸着させたもので、保温力が
向上し、肌を乾燥からまもる効果が期待されるというものです。
意外と知られていないところで、薬のカプセルや保温材にもコラーゲンは大活躍しています。コラーゲンを抽出、精製したゼラチンは
乾燥していると堅くて強い天然素材ですが、保温で溶け、生体になじみやすい性質が医薬品に応用されているのです。
沖縄デリヘル