探偵人探し料金

探偵による人探しの金額は難易度によって決まる

一概にいくらとは言えませんが、人探しが比較的楽なのであれば8万から15万円以内で収まるでしょう。

 

もし、探してほしい人の情報が何もない場合、探偵は情報集めからすべて行うので料金も50万円以上は余裕でいってしまいます。
しかし、それでも探してほしい人をさがしてくれるのだから、この料金が高いか安いのかは、気持ち次第ですが、事件に巻きこまれている恐れがあったりしている場合は警察はあてにならないため一刻も早く探偵依頼することをおすすめします。

 

警察は事件があってからでないと動きません。

 

調査内容と料金は納得するまで徹底して聞く

実際に人探し捜索を依頼するにあたっては、探偵社との契約内容を、しっかりと確認したい。

 

一般的に、家出人や失跨者の捜索は、対象者が意図的に消息を断っている状態のため、難易度が高い。手がかりが少ない場合は、1か月以上の長期にわたるケースが少なくない。

 

あくまで目安だが、1日の捜索費用が8万円とした場合、1週間の捜索を依頼するだけでも56万円を超えてしまう計算となる。これは決して気軽に払える金額ではない。

 

調査効果の高いローラー作戦による家出人捜索において、ある程度の費用がかかるのはやむを得ない。
現状の手がかりで見つかる可能性があるのか、仮に可能性があるとして、捜索期間はどの程度かかるのか、どういう体制でどういう内容の調査を行うのかを聞いたうえで、依頼するかどうか判断したい。

 

家出人捜索に関するノウハウを持ち、誠実な業者はどこか?

私の場合父が、再婚で以前の奥さんとの間に女の子が一人いました。
それを知ったのは中学生の頃でしたが、私が成人を迎え血のつながった姉に会いたいと思いくまなく業者を調べたところ、人探しや浮気調査に特化した探偵事務所を見つけました。
それがハライチ探偵事務所です。
見積り以外のお金は一切かからなかった他、一度も会ったことのない姉をわずか20日で探して探してくれたのは本当にうれしかったです。

 

数多く存在する探偵事務所の中にはブラックな探偵事務所も存在するため気を付けてほしい。

 

ハライチ探偵事務所の詳しい情報はこちら

結果が出ずに一定期間が経過した場合は、いったん依頼を打ち切るのも必要

緊急性の低いケースであれば、対象者がクレジットカードを使用したり、免許証を更新することで、新たな手がかりや発見のチャンスが出てくることがある。

 

料金については「1日あたりいくら」というシステムのほか、あらかじめ1週間の調査費用をまとめて支払う方式、対象者が見つかった場合に報奨金を支払う方式など探偵社によりさまざま。

 

いずれにせよ調査内容と比較して納得のいく金額となっているかどうか、慎重に検討しておく必要がある。着手金や必要経費については、結果にかかわらず返金を行わないのが一般的だが、捜索を途中で打ち切った場合や、予定より早く対象者が発見され、調査費用が余った場合に関しての、返金条件は聞いておきたいしどういう風に人探しをするのかも聞いておきたい

 

特に消息を隠す意図がなく、普通に生活している人物が捜索の対象者であれば、捜索の難易度はずっと低くなるし、浮気調査よりはリーズナブルな料金ともいえる。

 

手遅れにならないうちに料金をしぶらず心配しているのであれば探偵は利用した方がよい。

 

 

依頼により家出人の捜索を行う探偵は、実際にどのような手掛かりで対象者を見つけ出すのだろうか。

依頼により家出人探しを行う探偵は、実際にどのような手掛かりで対象者を見つけ出すのだろうか。

 

プロの探偵が重視するのは、対象者が残した携帯電話やパソコンのデータだ。例えば、対象者が見たホームページの履歴や検索履歴を確認すれば、どういう内容に興味を持っていたのかを推測できるだけでなく、切符やホテルの予約といった痕跡があるかもしれない。同様に、捨てられたレシートや、クレジットカードの使用履歴、預金通帳に記載されたATMの設置場所なども、有力な手がかりとなる。旅行ガイドブックに残された折れ目や切り抜きのあとが、解決に結びついた例もある。

 

探偵による捜索は、まさにゴミの一つひとつから検証していく作業なのだ。携帯の留守録に残されたメッセージや本に貼られた付せん、デスクに置かれた写真、車の距離計など、何がヒントになるか分からないため、対象者の持ち物については、なるべく捨てないでおきたい。もちろん、郵便物に関してもダイレクトメールを含めすべてを保管したい。

 

ある程度の範洲に居場所を絞り込むことができたら、サウナやネットカフェなどの低価格で宿泊できる施設や、対象者が立ち寄りそうな場所、付近の住民に対して人海戦術で聞込みを行う。これらと平行して、友人や勤務先にも聞込みを行い、対象者が日常的にどのような不満を抱えていたのか、あるいは行先に関するヒントを漏らしていないかどうかも徹底して洗い出す。家出人に関する情報をより幅広く集めるため、チラシの配布や懸賞金の設定などを行う例もある。
探偵社に依頼すれば、必ず家出人を探し出せるわけではない。家出人の多くは何らかの事情で身を隠しているからだ。また、探偵は人探しだけではなく不倫調査もお手のもとだということを忘れてはいけない